栄臨建設株式会社
個人情報の取り扱いについて リンク お知らせ・ニュース サイトマップ お問い合わせ
  事業案内 事業案内 施行実績 保有船舶・重機 採用案内
揚土埋立技術
浚渫技術 揚土・埋立技術 敷砂、覆砂技術
地盤改良技術 減容化、リサイクル技術 環境保全
 
  バージアンローダ工法  
   
バージアンローダー船は、各種浚渫船により浚渫され、土運船により運搬されてきた浚渫土砂をサンドポンプにより吸い上げ処分場内に排送する揚土船です。本工法は、浚渫土砂を運搬してきた土運船を、土砂処分地(埋立地)付近に係留したバージアンローダー船の舷側に係留し、注水ポンプで圧力水を土砂に吹き付け適度な土砂混合水を形成します。これをサンドポンプで吸い上げ、排砂管を通して土砂処分地内に陸揚げをします。排送に使用した搬送水は土砂処分地内余水溜に集められ、循環ポンプで本体に還流し、注水ポンプの圧力水として再利用されるので濁水を放流することがありません。

   
   
特長  
   
    航路の浚渫や防波堤の基礎の床掘、深さの変化が多い場所の浚渫に適している。
グラブバケットを吊るロープの長さで深度に対応するので、大深度浚渫が可能。深度による掘削力が変わらない。
グラブバケットの揚重比(バケット容量とバケット重量の比率)を大きくすることで、硬土盤の浚渫も可能。
   
         
  空気圧送工法  
   
空気圧送工法は、高圧空気源から気流にのせて固体を輸送する空気輸送技術の応用です。
堀削機で浚渫された土砂を、固形物・ゴミ等を除去するためのスクリーンを通してホッパー部に送り込み、ここで攪拌及び移送スクリューにより投入口バルブを経由して圧送タンクに貯泥します。一定量の土砂が溜まった時点でタンク上部の投入口バルブが閉まり、同時に空気圧縮機から圧縮空気がタンク内に送り込まれ、タンク内の土砂が加圧され、タンク下部に装備した圧送バルブを通って、水上及び陸上に布設された圧送管を経由して目的地まで直接排送する工法です。 
   
   
特長 施工事例のビデオへ
   
   
パイプラインにより長距離輸送が可能です。
軟弱地盤上や狭隘な場所にも直接圧送することができます。
余水が出ないので、土砂処分地の面積が小さくてすみます。
土砂処分地の乾燥が早く、跡地利用がスムーズです。
組立て・解体・運搬が容易で、比較的狭い水域にも搬入できます。
パイプ輸送のため、市街地施行でも近隣地域の方に迷惑をかけません。
富栄養化した泥土を農地への撒き出すことも容易に行なえます。
圧送工法システム図

   
ホーム / 会社案内 / 事業案内 / 施工実績 / 保有船舶・重機 / 採用案内 / 個人情報保護方針 / リンクページ / お知らせ / サイトマップ / お問い合わせ